• ホーム
  • シーン別手続き一覧
  • ダウンロード
  • よくあるご質問
  • ホーム >
  • オムロンのデータヘルス計画について

オムロンのデータヘルス計画について

第2期データヘルス計画について
(2018年度〜2023年度の6ヵ年計画)

“国民の健康寿命の延伸” を重要な柱とする「日本再興戦略」が政府で閣議決定され、厚生労働省より”データヘルス計画”の作成・事業実施・評価が2015年度から全国の健康保険組合に義務付けられました。

データヘルスでのポイント
特定健診/レセプトデータ等の健康/医療情報の活用
事業主との協働(コラボヘルス)
身の丈に応じた事業範囲
外部専門業者の活用

"データヘルス"は、データを活用して科学的にアプローチすることで事業の実効性を高めていくことを狙いとします。第1期の3年間が終了し、データを評価をした上で、第2期の課題と注力ポイントを決定しました。オムロングループ健康経営とのコラボヘルスも加速していきます。

オムロン健康保険組合 健康課題

データを分析し、
現状の課題を抽出しました。
 

詳しくはこちら
オムロン健康保険組合 データヘルス計画注力ポイント

オムロン健康保険組合では
データヘルス計画書を
作成し実施いたします。

詳しくはこちら
個人情報の保護は大丈夫? 詳しくはこちら

医療費のお知らせ