• ホーム
  • サービス一覧
  • ダウンロード
  • よくあるご質問

育児雑誌配布

育児雑誌配布被保険者および被扶養者の初めての
赤ちゃん誕生をお祝いして、
希望者に育児雑誌を無料プレゼント!

プレゼントしている育児雑誌

被保険者および被扶養者の第1子の出産時に、希望者に対して無料でご家庭に直送しています。

月刊『赤ちゃんとママ』はこんな雑誌です
「お誕生号」、 「やさしい離乳食」、 「お医者さんにかかるまでに」
初回お届け時に、上記4冊を追加でプレゼント!
月刊「赤ちゃんとママ」
月1回×12カ月分
赤ママWEBオフィシャルサイトへ
赤ママおすすめ離乳食へ
季刊「1・2・3歳」
1歳到達後、4冊/年
赤ママWEBオフィシャルサイトへ

赤ちゃんとママをもっと知りたい

月刊 「赤ちゃんとママ」(12回)
月刊 「赤ちゃんとママ」
必要以上に複雑化した「育児マニュアル」を排し、赤ちゃんにもパパ・ママにも優しい育児を提唱します。子育てが大きく変化し、情報が氾濫する中で自信を失いがちなパパ・ママを癒し、明日への楽しい育児を実現します。
基本の離乳食の見本を読む(PDF)
特集記事の見本を読む(PDF)
季刊「1・2・3歳」(1歳到達後、4冊/年)
季刊「1・2・3歳」
赤ちゃん時代を卒業して、からだも心もどんどん発達していく1・2・3歳児。その1・2・3歳児を育てているママ・パパや保育士の皆様におくる季節の役立つ情報が満載です!
ぱくぱくレシピの見本を読む(PDF)
特集記事の見本を読む(PDF)
「お医者さんにかかるまでに」
(初回にお届け)
「お医者さんにかかるまでに」
病気の症状別に仮定でできる処置をまとめました。受診の要不要がわかるポイントも掲載し、とっさの判断に役立ちます。
「0才から6才までの子どもの事故予防」
(初回にお届け)
「0才から6才までの子どもの事故予防」
普段から子どもの事故防止に対する意識を持ち、予測し予防する心がけが大切です。早いうちに基礎知識を学び、事故を未然に防ぎ、「もしも」のときの備えておきましょう。
「やさしい離乳食」(初回にお届け)
「やさしい離乳食」
はじめてのママでも簡単に作れるレシピがいっぱい。「小さな台所で生まれた、たったひとつの味を大切に」と、手作りの楽しさを提言する料理研究科・池上保子先生のやさしい食育メッセージがふんだんに盛り込まれた1冊です。
「お誕生号」(初回にお届け)
「お誕生号」
生後一年間の基本的な育児知識をムック形式でわかりやすく集約しました。必要にして十分、毎日の育児の目安として役立ちます。

「赤ちゃんとママ」のもらい方

赤ちゃんが生まれた時に出す「出産育児一時金」を請求する申請書に希望の有無を確認する欄があるので、そこにチェックするだけでお申し込み完了です。
育児誌はお母さんのお名前でご自宅に直送します。
申請時には郵便番号/住所/母親の名前は、正確に楷書できれいに書いてください。

オムロン保険健康組合の先輩ママからのレビュー感想

毎号楽しみに読んでいます。薄い1冊の中に必要な情報が必要なだけ入っている。毎月必ず「読んで良かった」と思える記事がある。シンプルな様で大量の情報がある。それが「赤ちゃんとママ」の魅力です。

薄いけど内容は充実していて、楽に読めるので助かりました。「赤ちゃんとママ」を義妹に貸したところ健保組合から「こんな良い本がプレゼントされるのか」と羨ましがられました。

この薄さ!忙しい育児の合間に分厚い雑誌は読めません。しかも分厚雑誌ほど広告が多く内容が薄いのですが、「赤ちゃんとママ」はあっと言う間に読めて、内容も役立つものばかりで良かったです。

離乳食の作り方が毎月載っているので参考にできて、とっても良かったです。それに「発育・発達のQ&A」はすごく役立ちました。1年間、楽しく読むことが出来ました。

タイムリーな情報が多く、月齢を問わない悩みなども解決でき育児の助けとなりました。産後は外に出て自分の楽しみが持てなかったので毎月届くのが楽しみでした。本当にありがとうございました。

赤ちゃんの病気の症状やケアの記事がとても役に立ちました。市販の雑誌と違い、新たに増えたワクチンなどの情報も分かりやすく書かれて勉強にもなり良かったです。

医療費のお知らせ