• ホーム
  • シーン別手続き一覧
  • ダウンロード
  • よくあるご質問

家族健診・特定保健指導

特定健保指導

特定保健指導とは

平成20年度から始まった内蔵脂肪型肥満に着目した生活習慣病予防のための指導です。

厚生労働省の基準で40歳以上が対象ですが、オムロン健康保険組合では独自に35歳以上も対象とし、特定健診(家族健診)の結果をもとに、内臓脂肪蓄積程度とリスク要因の数からレベル別に分類しています。
最終的に、オムロン健康保険組合が対象者として抽出した方に対して特定保健指導のご案内が届きます。

対象者

35〜74歳(生活習慣病に係る服薬者は除く)

階層化基準

オムロン健康保険組合にて、階層化後に重みづけを行います。
最終的に対象になった方には個別に連絡があります。(特定保健指導は委託会社が行います)

費用

全額オムロン健康保険組合負担(実施施設までの交通費などは実費)

簡単レベルチェック

標準的な積極的支援の例
複数回にわたっての継続的な支援が受けられます。
医師、保健師、管理栄養士らの指導のもとに行動計画を作成し、生活習慣改善に取り組めるように、専門家が3ヵ月以上の定期的・継続的な働きかけを行います。計画どおり効果が出ているかなどの評価を6ヵ月後面談にて行います。
標準的な動機づけ支援の例
生活習慣の改善を促す面談1回と評価確認1回が受けられます。
医師、保健師、管理栄養士らの指導のもとに行動計画を作成し、生活習慣改善に取り組めるように初回に面談し、計画どおり効果が出ているかなどの評価を6ヵ月後に行います。

健康ポータルログイン

医療費のお知らせ