• ホーム
  • シーン別手続き一覧
  • ダウンロード
  • よくあるご質問

社員用 禁煙サポート

社員用 禁煙サポート「機会があれば、禁煙したい」
そんなあなた、今日から禁煙しませんか?
会社と健保は、2019年度〜2020年度の2年間、
卒煙する社員をバックアップします。

卒煙達成者は、会社と健保、両方から、特典を受け取ることができます。

会社と健保が、卒煙者を支援する背景
「改正健康増進法」2020年4月施行により、官公庁施設や企業、飲食店など様々な場所で、
 全面禁煙が進むことが予想されます。
 当社においても、社長メッセージの通り、2020年度から、「休憩時間を含む就業時間内の
 全社禁煙化」
が実施されます。

  喫煙している社員の過半数は、「機会があれば禁煙したい(2018年ストレスチェックより)」
 と考えており、この機会に、会社と健保はコラボして、卒煙者へのバックアップを行います。

卒煙達成者の声 〜あなたもチャレンジしませんか?〜

  「禁煙外来に行ったら、しばらくは喫煙していてもいい」と言われて驚いた。
   処方された薬を飲みながら、喫煙していた。
   気が付いたら、タバコがいらなくなっていた。やめられたことが、今でも信じられない。」
  あなたも一度、チャレンジしてみませんか?

会社の卒煙サポート「卒煙マラソン」〜3人チームで支え合い、卒煙して特典ゲット〜

社員用 禁煙サポートポスター

会社 卒煙マラソンスケジュール

 卒煙マラソンのエントリー期間と禁煙期間は以下のとおりです。
 卒煙マラソンエントリー後、速やかに、禁煙外来(オンラインを含む)を受診しましょう。
 ※禁煙外来(オンラインを含む)に通い始めてから、数週間は、服薬しながら喫煙が可能です。

エントリー期間
禁煙スタート 〜 ゴール
第1回マラソン
2019/5/27〜2019/6/20
2019/7/1〜2019/9/30
第2回マラソン
2019/9/20〜2019/10/20
2019/11/1〜2020/1/31
第3回マラソン
2020/1/20〜2020/2/20
2020/3/1〜2020/5/31
第4回マラソン
2020/5/20〜2020/6/20
2020/7/1〜2020/9/30

3ヵ月間 卒煙達成 →会社・健保に卒煙達成の報告をしましょう!

健保の卒煙費用補助 〜卒煙者に、卒煙費用を補助〜

 オムロン健保は、卒煙達成者に対し、卒煙にかかった費用を補助します。

 ※会社の卒煙マラソンはチーム制ですが、健保は、成功者個人に、卒煙にかかった実費費用を
  補助します。
  (チームは未達成だが個人として卒煙した場合、チームに属さず個人で卒煙した場合も、
  健保分は補助可。)

対象者

 オムロン健保の現役被保険者で、喫煙している者

期間

 2019年4月1日〜2021年3月31日

補助制限

 上記期間中に、1人1回

補助の詳細

 以下のいずれかを選択。

  A 禁煙外来費用の補助
(医師指導・服薬で禁煙)※1 ※2
B オンライン禁煙外来の補助
(医師指導・服薬で禁煙)※1
C 禁煙補助剤費用の補助
(自力で禁煙)
特徴 自分で禁煙外来を選び、医師指導・服薬で禁煙 ※1
・受診条件あり
成功率8割
オンライン医師指導・自宅発送される薬で禁煙 ※1
・受診条件なし
成功率8割
医薬品の禁煙補助薬(ニコチンパッチ及びニコチンガム)に限る ※3
個人負担額 2万円〜2.7万円 2万円
1万円〜2万円
健保補助額         卒煙達成者には、上記「個人負担額」を補助      
(補助上限 2.7万円)     (2万円を補助)                         (補助上限 2万円)
期間 3ヵ月で5回受診
→卒煙
2ヵ月で3回オンライン受診
→卒煙
3ヵ月以上禁煙
→卒煙
補助申請
方法 ※3
・卒煙達成後、申請書(領収書を添付卒煙証明の記載)を提出
・「体験談・卒煙する仲間への応援メッセージ」を登録
 広報誌・HPで公開

 ※1.治療は、勤務時間外とする。
 ※2.治療を受ける時は、禁煙治療だけを受けること。
 (風邪など別の病気の治療を受けるのは、別の日にする必要がある)
   請求書に、禁煙治療以外の病気の治療が混在している場合、禁煙治療分も含めて、
   補助対象外とする。
 ※3.ニコチンガムは喫いたくなったときに口に入れる。
  菓子ではないが、工場など各社ルールに応じて利用すること。

補助条件

 ・卒煙開始日から卒煙証明日(申請日)まで、申請者にオムロン健保の資格があること。
 ・連続3ヵ月以上禁煙を継続し現在も禁煙中であること。
  (卒煙マラソンサポーターor上司の証明が必要)
 ・成功メッセージを健保に提出すること。(12問、5分程度)

留意事項

 ・加熱式タバコ・電子タバコ喫煙中は、禁煙と認められません。
 ・補助後に、再喫煙が確認された場合、補助費用を返金して頂くことがあります。
 ・禁煙に関しては、医師や薬剤師にご自身で確認ください。
 ・請求情報は、各社総務部門・産業保健スタッフ・OLI健セと共有する場合があります。
   ご了承ください。

現役社員 卒煙達成費用 申請方法

ステップ1
卒煙の方法を選ぶ ニコチン依存診断 禁煙外来 ニコチン依存診断

ステップ2
3ヵ月以上、禁煙を続ける

 お医者さん(禁煙外来)、卒煙を目指す仲間やサポーター
 (会社の卒煙マラソン)、上司や同僚、家族に、応援してもらいましょう。

 あなたなら、きっと、達成できます!

ステップ3
卒煙の感想・これから卒煙する仲間への応援メッセージ等を以下に記載する(12問・5分程度)
卒煙達成費用を請求する

  ・申請書

  ・領収書(原本)を提出(提出先は下記を参照)

  ※提出類は、返却できません。

ステップ4
オムロン健康保険組合が補助額を会社経由で振込

 ※(給与口座に、給与と同時に振込)

提出先

OC、OHQ、OAE、OSSの社員

ロケ:(K)
部門:OLI(人サ)CCS

関係会社社員

総務部門の担当者あて

卒煙達成者の声

 自力で失敗。禁煙外来で成功!
   コース: 禁煙外来 対象者データ: Aさん 45歳 男性 喫煙量 28本/日
   自力で禁煙しようとしたが失敗。禁煙外来に行ったところ、禁断症状が少なく、
   楽にやめることができた。

リンク

・会社の禁煙施策(健康経営)
・すぐ禁煙(ファイザー)
・禁煙は愛(厚労省)

健康ポータルログイン

医療費のお知らせ