• ホーム
  • サービス一覧
  • ダウンロード
  • よくあるご質問

お知らせ

被扶養者の認定要件に、新たに国内居住要件が追加されます

2020年4月1日より、健康保険の被扶養者認定に「日本国内に住所(住民票)を有する者」であることが要件として追加されます。
現在日本国内に住所(住民票)のない被扶養者がいる場合は、2020年4月1日以降、認定要件を満たさなくなるため、「被扶養者(異動)届」(非該当=減)と保険証の返却が必要となります。

詳細は下記URLをご確認いただき、扶養家族が認定要件に満たない場合は、所属会社の人事総務部門にあたる提出先に、「被扶養者(異動)届」(非該当=減)と保険証を速やかに提出願います。施行日前においても届け出は受理します。その際の非該当証明書は、2020年4月1日発行となります。

2020年4月1日以降届け出がなく、当健康保険組合へ被扶養者非該当の手続きを行わなかった(もしくは遅れた)場合は、2020年4月1日に遡って資格を取り消します。また、医療機関等での受診に関わる保険給付費についても遡って請求いたします。

なお、日本国内に住所がないとしても、外国に一時的に留学する学生、海外赴任に同行する家族など、これまで日本で生活しており、渡航目的が就労でなく今後も再び日本で生活する可能性が高いと認められる場合は、例外的に認定要件を満たすことになります。詳細はこちらからご確認ください。

●被扶養者認定 国内居住要件の確認フロー
https://www.omron-kenpo.org/oshirase/pdf/1580438494.pdf

健康ポータルログイン

医療費のお知らせ