• ホーム
  • サービス一覧
  • ダウンロード
  • よくあるご質問

サービス一覧

出産したとき

赤ちゃんが生まれたときにオムロン健康保険組合へ行う手続きです。

※提出期限や、提出する各種証明書、添付書類などに間違いがないかを確認して手続きしてください。

ステップ2
出産育児一時金を申請する

※被保険者本人もしくは被扶養者(家族)が出産した場合に給付されます。

ステップ3
出産手当金を申請する

※被保険者本人が出産のために会社を休み、報酬等を受けられない場合に給付されます。

提出期限や、提出する各種証明書、添付書類などに間違いがないかを確認して手続きしてください。

赤ちゃんを扶養に入れる出産

夫婦の両方に収入がある場合は、収入の多い方の扶養としてください。(夫婦間で子供の扶養を分散させるような申請は受け付けていません)
なお、新生児の被扶養者申請時には証明書類等は不要です。

提出書類

記入例をご覧いただくには、パスワードの入力が必要です。
パスワードについては、ページ右上の「よくあるご質問」をご確認ください。

  1. 健康保険被扶養者異動届

提出先

OC、OHQ、OAE、OSSの社員

ロケ:(K)
部門:人事サービスG

関係会社社員

総務部門の担当者あて

退職者の方

〒600-8530
京都市下京区塩小路通堀川東入
オムロン健康保険組合

提出期限
赤ちゃんが生まれてから原則5日以内

ページの先頭へ

出産育児一時金を申請する出産

給付の条件

給付対象
妊娠4ヶ月(85日)以上での分娩(死産含む)
法定給付
1児につき、42万円
法改正により平成27年1月1日のご出産から、在胎週数22週目に達していない出産、および、産科医療保障制度未加入の場合は、40.4万円となります。
なお、平成26年12月31日以前に出産された方は39万円となります。
付加給付
1児につき、被保険者が出産した時:12,000円/被扶養者が出産した時:8,000円

(参照)健康保険の給付一覧(PDF)

提出書類

病院での支払い方法によって申請書類が変わります。
1. 直接支払制度を利用し、病院の請求金額は42万円(※)以上の場合
2. 直接支払制度を利用し、病院の請求金額は42万円(※)未満の場合
3. 直接支払制度を利用しなかった場合

記入例をご覧いただくには、パスワードの入力が必要です。
パスワードについては、ページ右上の「よくあるご質問」をご確認ください。

  1. のケース ・出産育児一時金・出産育児付加金給付請求書(医師の証明等は不要)

    ・「直接支払制度利用の合意文書」の写し ←医療機関等から交付されます
  2. のケース ・出産育児一時金等 内払金支払依頼書

    ・「直接支払制度利用の合意文書」の写し ←医療機関等から交付されます

    ・出産費用の領収/明細書の写し
    (「直接支払制度の専用請求書の内容と相違ない旨」の記載があり、請求金額や差し引いた金額のわかるもの)
  3. のケース ・出産育児一時金・出産育児付加金給付請求書(医師の証明、または、出産の事実を証明する書類添付)

    ・直接支払制度を利用しない旨の「直接支払制度利用の合意文書」の写し ←医療機関等から交付されます

    ・出産費用の領収・明細書の写し
    (「直接支払制度を用いていない旨」の記載、および「産科医療補償制度加入を証するスタンプ」押印されたもの)

※42万円は産科医療保障制度加入時の金額です。
平成27年1月1日のご出産からは、法律改正により未加入の場合や加入が確認できない時は40.4万円となります。
(平成26年12月31日以前に出産された方は39万円)

提出先

OC、OHQ、OAE、OSSの社員

ロケ:(K)
部門:人事サービスG

関係会社社員

総務部門の担当者あて

退職者の方

〒600-8530
京都市下京区塩小路通堀川東入
オムロン健康保険組合

提出期限
すみやかに
補足
  • 受取代理制度の医療機関で出産される場合は、事前(出産予定日2か月前以降)にオムロン健康保険組合へご連絡ください。申請資料を送付します。
  • 医療機関等の都合で直接支払制度・受取代理制度が利用できず、事前に出産費用が準備できない場合は、オムロン健康保険組合の貸付制度(貸付金は28万円)を利用できます。

ページの先頭へ

出産手当金を申請する出産

被保険者本人が出産する際に、産前産後に会社を休んで報酬がもらえない場合に給付されます。
見舞金などの報酬がある場合も出産手当金より報酬等が少なければ、差額が給付されます。

給付の条件

給付対象
妊娠4ヶ月(85日)以上で出産(死産含む)した被保険者本人
支給期間
産前:出産予定日前42日(出産日は産前に含む)(出産が遅れた場合、遅れた期間も含む)、多胎妊娠の場合は98日前

産後:56日
法定給付
1日につき標準報酬日額の2/3、または報酬等との差額
付加給付
出産手当金が給付される場合に、1日につき標準報酬日額の10/100
(資格喪失後は支給されません)

(参照)健康保険の給付一覧(PDF)

提出書類

記入例をご覧いただくには、パスワードの入力が必要です。
パスワードについては、ページ右上の「よくあるご質問」をご確認ください。

  1. 出産手当金 手当付加金請求書

提出先

OC、OHQ、OAE、OSSの社員

ロケ:(K)
部門:人事サービスG

関係会社社員

総務部門の担当者あて

退職者の方

〒600-8530
京都市下京区塩小路通堀川東入
オムロン健康保険組合

提出期限
すみやかに